FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本人が、アメリカ・ヨーロッパ・韓国などで、美容外科手術を受けて、良い結果が得られるかどうか(2)

韓国は、「美容大国」と言われます。
それは、日本に比べて美容外科の水準が高いという意味ではありません。それどころか、日本の高い水準の美容外科医療にくらべて、2段階は低い水準と考えて間違いありません。というのも韓国の美容外科医は、その多くが日本の「大手美容外科」に勤務して、日本の2流のレベルの美容外科技術を、さらに低レベルにした技術水準で韓国で開業しているからです。日本でも「大手美容外科」による、時には死亡にまで至る医療事故が多発していますが、韓国では日本とは比べ物にならない数の、さらに深刻な事故が多発しています。
ではなぜ「美容大国」なのか。
韓国では、国を挙げて、家族をあげて美容外科手術が行われているからです。高校を卒業する時には親が金を出して二重瞼の手術を、大学を卒業する時には本人が金を出して隆鼻手術を受けるとすら言われています。
日本では「身体髪膚(はっぷ)これ父母に受く」といって、「自分の身体は父母から頂いた大切なものであるからそれに対してメスを入れて変えるなどとんでもない」という、儒教の考え方が根付いていますが、同じ儒教の影響を受けた韓国では「顔をきれいにしていい結婚をして親に安楽な生活をしてもらうことこそ親孝行」という考え方があるのです。
韓国で美容外科を受けると料金が日本の半分以下、「節約できたお金で韓国観光旅行を」をというキャンペーンが行われています。なぜ韓国では美容外科料金が安いのか。その前に、日本ではなぜ「大手美容外科の料金が安くて経営が成り立ち、まじめにしている美容外科医院の経営が難しく、時には廃業に追い込まれるのか」という問題を考えてみる必要があります。
普通、まじめに美容外科の診療をしていれば、美容外科医1人で、一日に2人、多くて3人が限度と言われます。カウンセリングに30分から1時間、治療とアフターフォローに1時間から2時間となればそれくらいかかるのは当然でしょう。ところが大手美容外科ではこんなことをしていたのでは、膨大な宣伝費をカバーするだけでも経営が成り立ちません。そこで一日に美容外科一人が10人をノルマとして患者のカウンセリング、治療を行います。いい加減な治療、後でトラブルの起こる治療が行われても当然です。
ところが韓国では、日本の「大手美容外科」の手法をさらに徹底して美容外科一人に一日20人の患者のカウンセリング・治療を行っています。安くなるのも当然ですし、それだけ深刻なトラブルが起こるのも当然。
しかもどんなに上手にできたとしても、本人が満足しなければ成功とは言えない美容外科では、一回の手術で終ることは少なく、また失敗でなくてもアフターフォローは必ず必要です。そんな修正やアフターフォローにまた韓国に行くのでしょうか。さらに本当に失敗したときにはどうするのでしょう。
今、韓国の大都市には、そのテナントの大部分を美容外科医院が占める「美容外科ビル」が乱立し、患者さんの範囲も、韓国国内だけでなく、中国・台湾・モンゴル・フィリピンなどにまで広げて、国をあげての美容外科医輸出に取り組んでいます。しかも、日本の3流レベルの技術力と経験で。
「安物買いの銭失い」と言う言葉があります。「安いから、観光もできるから」と韓国で美容外科手術を受けるのは、まさにこのことわざをそのまま実行しているようなものです。日本で、信頼できる美容外科医を選んで治療を受けるのが、ベストチョイスです。
[ 2013/11/30 10:48 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://b101bg.blog.fc2.com/tb.php/2-c3b78f30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。